業務用エアコンの故障例

menu
HOME » 業務用エアコンのトラブル対策 » 業務用エアコンの故障例

業務用エアコンの故障例

業務用エアコンも長く使うほど故障が増え、エアコンとしてまったく使えなくなることがあります。
故障の例をいくつかご紹介しましょう。

たとえば、エアコン自体は動くものの、暖房も冷房もまったく効かなくなるといった故障があります。
これは中の機械や部品の劣化により、空気を暖めたり、冷やしたりといった機能が効かなくなることで起きる異常ですね。
エアコンは空調管理のために設置されるのが普通ですから、まったく温度管理ができない状態では、完全なる故障ですね。

このほか、そもそもエアコンが動かなくなるという例もあります。
業務用エアコンにはパネル式のスイッチが設置されていることが多いですが、コレの電源ボタンを押しても、ウンともスンとも言わなくなる状態ですね。
いくつかリモコンがあり、別のリモコンでなら動く場合はリモコン自体の故障ですが、どのリモコンでも動かないなら、それはエアコン自体の故障である可能性が高いです。
場合によっては、リモコンに「エラー」と表示される場合もありますね。

エラーコードが表示されている場合、取扱い説明書にそのエラーの内容や対応法が書かれている場合がありますので、コードが表示されるときは、そのコードと対応する故障内容をチェックするといいですよ。
場合によっては故障の詳しい内容がわかり、その対応法までわかって個人で対応できることもあります。

このように、業務用エアコンも完全に故障して、エアコンとしてまったく使えなくなることがあります。
個人ではどうしようもないときは、エアコンの修理やメンテナンスを行っている業者を呼び、調べてもらうといいでしょう。