業務用エアコンの室外機がうるさいときの対応法

menu
HOME » 業務用エアコンのトラブル対策 » 業務用エアコンの室外機がうるさいときの対応法

業務用エアコンの室外機がうるさいときの対応法

業務用エアコンのトラブルには、「室外機がうるさい」という例もあります。
これが問題になるのは、もちろんそのエアコンの所有者がうるさいと感じるときのほか、近隣住民からうるさくて困っているという相談が来たときなどです。
業務用エアコンは家庭用よりもパワーが強く、広い室内の冷暖房を管理できますが、それだけ室外機の音も大きくなりがちです。
そして室外機も室内機と同じように、使用期間が長くなったり、何らかの異常やトラブルが起きているとき、音がより大きくなることがあります。

この音を少しでも抑えるため、個人でもできる対応があります。
まずは室外機の働きを邪魔しないため、室外機の周りに物を置かないことです。
室外機のファンの目の前に荷物を置いたり、室外機にマットやカバーなどをかけて干したりといったことは、基本的に避けてください。

そして室外機のカバーやフィルターの目詰まりも、同じように音を大きくします。
室外機は室内機に比べてこまめなお手入れが必要ないようになっていますが、ホコリや落ち葉のカスなど、明らかにゴミが詰まっているときなどは、軽く掃除するといいですよ。

このような対応で室外機の音を多少は抑えられることもありますが、あまり変わらないこともあるでしょう。
室外機の中の部品の故障や劣化が原因で音がうるさくなっているときなど、個人での対応はほぼ不可能です。
ちなみに、中に原因があるかもしれないと、個人で室外機の中を開けるといった対応は、さらなる故障や事故、怪我の原因になりますので、控えてください。
どうしても音がうるさいと思うときは、室外機もメンテナンス業者に見てもらうのがオススメです。