業務用エアコンに水漏れがあるときの対応

menu
HOME » 業務用エアコンのトラブル対策 » 業務用エアコンに水漏れがあるときの対応

業務用エアコンに水漏れがあるときの対応

業務用エアコンのよくあるトラブル例に「水漏れ」があります。
水漏れ自体はエアコンにありがちなことですよね。
業務用エアコンでもエアコンの仕組みは同じですから、同じように水漏れがあり得ます。

お客さんを入れる店舗に設置してるエアコンから、雨漏りのように水が落ちてきては、とても商売になりませんね。
これを解消するには、個人では限度があります。
できればエアコンのメンテナンスをやっている業者に頼み、クリーニング等を行ってもらうのがオススメです。

そもそも水漏れするワケを知っていますか?
エアコンで温度管理ができるのは、温かい空気を冷やしたり、逆に冷たい空気を暖めたりするからです。
このとき大事なのは、温度差があると水滴が出ること。
真夏のアイスコーヒーのグラスには水滴がつきますよね。
あれと同じことがエアコンの中でも起きているんですね。
グラスにつく水滴くらいならわずかなものですが、エアコンを常時稼働させて温度調節すると、雨漏りのようにポタポタと落ちるくらいの水量になります。

エアコンは本来この水を室外に逃がすように設計されており、室外機付近にあるホースから水が出るようになっています。
ですから普通は水漏れなどがないのですが、汚れが溜まるとこの水の経路を塞いでしまうことがあります。
すると行き場を失くした水が逆流し、普通なら落ちてこないはずの場所から水が落ちてくるようになるんです。
水漏れの仕組みはこのようなものですから、一度エアコンを点検し、溜まっている汚れなどをクリーニングするのが有効なんですね。
ですから個人では対応が難しいことが多いので、専門の業者のメンテナンスを受けるのがオススメです。

業務用エアコンのメンテナンスなら新空調

水漏れしているかまずは業務用エアコン京都の新空調にメンテンナンスの相談をしてみましょう。業務用エアコンのプロが対応してくれます。