業務用エアコンにはトラブルも付き物?

menu
HOME » 業務用エアコンのトラブル対策 » 業務用エアコンにはトラブルも付き物?

業務用エアコンにはトラブルも付き物?

業務用エアコンを導入し始めでトラブルが起きることは少ないのですが、使用期間が長くなるほど、トラブルが起きやすくなります。
業務用エアコンは設置場所が事業所や店舗になり、仕事の関係者やお客さんがいるため、トラブルが起きているエアコンを放置できないことも多いでしょう。
どうしても早期に対応しないといけないことも多いので、トラブルの内容や対応法を知っておくといいですよ。

非常によくあるトラブル例は、水漏れや異音、異臭などです。
エアコンを入れると送風口からポタポタと水が落ちてきたり、これまではしなかった異常な運転音がしたり、カビ臭などのニオイが混ざったりといったことです。
トラブルの内容によっては、エアコンとしての機能は落ちていないものの、そのままではとても使用できないことがあり、早急な対応が必要になりがちです。

エアコンの使用期間が長くなるほど、このようなトラブルも起きやすくなるのですが、特にエアコンのメンテナンスをせず、5年以上使っている場合、このようなトラブルが起きやすくなります。
もしトラブルが起きた場合、まだ比較的新しいエアコンでも早急に対応するといいでしょう。

トラブルの対応法として、個人でもできることは限られていますが、フィルターのお手入れなどは業務用エアコンでも個人でできます。
これをやるだけでトラブルが解決することがありますので、やってみて損はありません。
ただ、それでは解決しなかったり、そもそもトラブルがどこで起きているのかがわからないこともあるでしょう。
そんなときは業務用エアコンの修理・メンテナンス業者に連絡し、トラブル内容を相談するのがオススメです。