業務用エアコンが壊れたら交換を

menu
HOME » 業務用エアコンのトラブル対策 » 業務用エアコンが壊れたら交換を

業務用エアコンが壊れたら交換を

業務用エアコンが水漏れするなど、明らかな異常があるときは修理なども依頼できますが、場合によっては交換もオススメです。
そのエアコンを修理するのではなく、新しいエアコンにそもそも買い替えてしまうという対応ですね。
業務用エアコンにも寿命があります。
耐用年数は約13年程度ですが、実際には5〜10年の間で壊れることも多いです。
どれくらいの寿命があるかは、各エアコンの耐久度や、設置場所との相性、日頃の使用頻度、メンテナンスの有無やその頻度などによります。

すでに10年程度設置している場合、かなり本格的な故障となる場合も多いのですね。
条件によっては5年程度でも故障することはあります。
それが簡単な故障ではなく、エアコン自体の寿命に近い、かなり本格的な故障の場合、修理するよりも交換する方が早くてお得なことが多いんですね。

かなり本格的な故障でも修理はできることも多いですが、修理費が数十万円に達するなど、かなり大きな出費になりがちです。
そのうえ、寿命に近いエアコンは修理をしても、新品同様には戻らないことが多いです。
当分はそのまま使えますが、また10年近く使えることは少ないですね。
金額によっては、高額なお金を払って大規模な修理をするより、新しいエアコンに交換した方がずっと安くて、長く使える場合もあるんです。
それならそちらの方がいいですよね。

修理ももちろんいいのですが、場合によっては交換した方がいい場合もあることは知っておくといいですよ。
修理と交換とどちらがお得かは、見積もりの内容を見て判断するといいでしょう。
修理に対応する業者には、一部交換作業にも対応してくれる業者があります。
そのような業者を選び、交換も合わせて検討するといいでしょう。