業務用エアコンから異音がするときの対応

menu
HOME » 業務用エアコンのトラブル対策 » 業務用エアコンから異音がするときの対応

業務用エアコンから異音がするときの対応

業務用エアコンを動かすと、これまではしていなかったような音や、明らかにこれまでよりも運転音が大きいなど、音の異常もよくあります。
あまりにも大きな音が連続すると不快ですし、電話の声が聞こえないなど、業務に支障も出ますよね。
このような異音への対応ですが、原因によって微妙に対応法も変わります。

簡単に対応できることがあるのは、「ごおおおお」という風の音が前よりも大きくなったという場合。
このときはフィルターの目詰まりが原因になっていることがあり、これを掃除するだけで直ることがあります。
エアコンにフィルターがついているのは、家庭用エアコンでも同じですよね。
業務用エアコンにもフィルターが設置されているものは多く、個人でも取り外しとお手入れが可能です。
コレがホコリで詰まっていると、エアコンが動きにくくなりますので、いつもより大きなパワーが必要になり、それが異音につながっていることがあります。
フィルターを取り外してホコリが詰まっているようなら、掃除機で簡単に掃除してみるといいでしょう。

このように個人でも対応できる異音として、他にも「カチカチ」といった音がする場合、風の向きを変えるレバーの不具合があります。
この不具合かどうかは、風の向きを変えないように設定することでわかります。
風の向きを変えないようにすると音が止まり、また変えるようにすると音がし始めるのなら、この異音の可能性があります。
このときは風の向きを調整するレバーに油を差すなど、ちょっとした対応で異音が解消されることもあります。

このように個人でも異音に対応できることはありますが、エアコン内部に原因があることもありますので、メンテナンス業者に連絡するのもオススメです。

業務用エアコンのよくある質問をプロが解説

業務用エアコンは何年持つの?
業務用エアコンを設置しようか悩んでいるという人も多いでしょう。そんな人が、迷う理由の1つが業務用エアコンはいったい何年くらい持つものなのか?ということでしょう。入れ替えてもすぐに壊れてしまうなどでは費用も馬鹿になりません。業務用エアコンは使用環境などによって異なりますが、一般的には約10年前後持ちます。さらに定期的に点検などや掃除をすることによってその寿命を延ばすということも出来ます。
業務用エアコンは使い方次第、メンテナンス次第で大きく変わるということを頭に入れておくようにしましょう。何もしないでいると、業務用エアコンの寿命をどんどんと縮めてしまうことにもなりかねません。

業務用エアコンはどこのものがいいの?
夏の暑さを乗り切るためには、店舗やオフィスに業務用エアコンを導入する必要があります。業務用エアコンには、色々なタイプのもの、色々なメーカーのものがありますが、どこのものがよいのでしょうか?業務用エアコンの中でも約40%のシェアを誇るというのが、ダイキンです。ダイキンというのは業務用エアコンのメーカーの1つです。業務用エアコンでどこのメーカーのものを選べばよいのか迷ったら、ダイキンのものを導入すればよいでしょう。ダイキンは、品質はもちろん、アフターサービスでも充実しているということから、オフィスだけでなく、店舗や工場など多くの場所で採用されている人気のメーカーです。

業務用エアコンは自分で工事出来る?
業務用エアコンは、インターネットでも購入することが出来ます。DIYなどが非常に人気で、業務用エアコンも自分の会社やお店に自分で付けようと考えている人もいるかもしれません。業務用エアコンは自分で付けることが出来るのでしょうか?結論から言えば無理です。室外機は重量もありますし、室内機もかなり重いので1人で付けるのはとても難しいと言えます。
また、問題は重さだけではありません。技術がないと付けることは出来ません。場合によっては電気工事が必要になるということもあり、素人が勝手に電気工事をするなどということは出来ません。危険なので絶対にやめましょう。お金はかかりますが、専門の業者に依頼するのがおすすめです。